トップページ > 薄毛の原因と種類

薄毛の原因は・・・

遺伝と体質

薄毛の原因は「遺伝」と思っている人が多いようです。
確かに遺伝・体質による要素は大きく影響してるようです。
しかし頭皮のケアや体質の改善を心掛ければ、
薄毛の可能性やリスク、進行を抑えることができると考えられるようになってきています。
逆に血縁・親類に薄毛の人間がいなくても日ごろの不摂生により
抜け毛や薄毛になる可能性があるということは気をつけたい所です。

AGA=男性型脱毛症

代表的な薄毛の症状にAGA=男性型脱毛症があります。
頭頂部の薄毛や生え際の後退などの症状がみられる脱毛症ですが、
この遺伝による脱毛症が薄毛の悩みの大半を占めていると言われています。
遺伝による薄毛の原因は男性ホルモンが影響していて、
男性ホルモンは思春期から急激に増えてくるのです。
しかし男性全てが薄毛にならないのはホルモンのバランスに個人差があるためです。
それ故に遺伝や体質がAGAの原因と言われるのです。
男性ホルモンに含まれる一部の成分がAGAを進行させる原因なのですが、
頭皮を清潔に保つことや育毛剤などを使い頭皮ケアを行うことで
薄毛の進行を抑制することができるのです。
「遺伝だから・・・」と諦めないで対策を行いましょう。

ストレスや食事、生活習慣

遺伝や体質以外に薄毛を進行させる原因はストレスや食事、生活習慣です。
ストレスはホルモンバランスを悪くしたり、自律神経に影響を及ぼします。
その結果血流や代謝が悪くなり、
毛根に栄養が十分に届かなくなるため健康な髪が育たなくなるのです。
また食事や生活習慣が乱れると
同じく頭皮環境が悪くなるため髪が成長しにくくなるのです。

薄毛の種類は・・・

男性型脱毛症

男性型脱毛症(AGA)はこめかみの生え際がM字型に後退する症状や
頭頂部の髪が細くなり薄くなる症状がみられます。
AGAによる薄毛は主に遺伝や体質による男性ホルモンが原因だと言われています。
しかし食事や生活習慣の悪化などの頭皮環境も原因となりうるので注意したい所です。

円形脱毛症

円形脱毛症にはいくつかのパターンがあります。

円形脱毛症として一番ポピュラーな単発型
単発型から症状が進んだ複数個所の多発型
平均的に多数の毛が抜けるびまん性
蛇のように不整型に脱毛する蛇行性などの多発融合型
多発性から更に症状の進んだ脱毛部分が重なり合った全頭型
ヒゲやスネ毛などの体毛が抜ける汎発型

ストレスが原因だと思われていましたが、
研究によりアレルギー性なども含む自己免疫疾患だとわかってきました。

脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)

脂漏性湿疹とは頭部や顔にフケやかゆみを伴う症状です。
皮脂中のトリグリセリドがマラセチア菌にに分解され、
その時に生じる遊離脂肪酸が皮膚を刺激することにより皮膚炎が生じます。
その皮膚炎が毛穴に影響を及ぼすため脱毛が起きるわけです。
アルコールの過剰摂取やストレス、ビタミン不足、糖尿病などが原因としてあげられますが
ハッキリとした原因が分かりにくいことが多いようです。